コゾロフメモ

小学生並の感想

「ドクタースリープ」の感想 & 2019年総括

f:id:kozorof:20200103215121j:image
2019年最後に見た映画。

映画の感想を書き始めて1年経ったので2019年の総括をしようと思う(去年のうちに書きたかったあああああ)。

そもそも何故映画の感想を書き始めたのかというと、毎年そこそこ映画を見ているはずなのに内容をすっかり忘れている…というのが気になったからだ。自分が年間何本見てるのかも気になったのでカウントも入れることにした。

で、2019年頭から映画の感想を書いてブログとインスタに投稿を始めたんだけど、これがめちゃ良かった。最初はただ記録できればいいやと思って適当に書いてたんだけど、だんだん「感想を書くのでしっかり見よう」と思って集中して見るようになったし(寝た回も3回あったが)、「自分も映画好きなんですよ」と声をかけてもらうこともあったし。他の映画評などと比べたら鼻くそオブ鼻くそであるが私の中ではかなり前進である。コミコンにも初めて行ったなあ〜

2019年の結果は33本。映画館で見た数なので、アマプラとかNetflixも入れたら映画自体はもっと見てるんだけど。マーベルマラソンやったのもいい思い出だ。

そして折角なので2019年俺映画ランキングを発表。

1位 アベンジャーズ エンドゲーム
2位 アンスアポンアタイムインハリウッド
3位 スパイダーマン ファーフロムホーム
4位 アクアマン
5位 ボーダー 2つの世界

映画見終わった時の満足度、衝撃度、興奮具合など総合的に考えるとこんな感じ。マーベルマラソンやった影響でアメコミ系が多い。アニメ部門だと間違いなくスパイダーバースだなあ。ちなみにスターウォーズは1と4しか見てないので全くついていけず、またマラソンして映画館で最終章やってる間に見れたらいいなと思っている。

という訳で前置きがくそながになってしまったが「ドクタースリープ」である。

本作は映画史に残る名作ホラー「シャイニング」の続編である(スティーブンキングが書いた続編を映画化したそうな)。シャイニングは原作も読んだし映画も見たんだけど見たのが20年前くらいなので内容もぼんやりであった。冬に閉館してるホテルの番人になったジャックニコルソンがきがくるってウェーイ!\(^o^)/みたいな感じだったはず。

シャイニングの40年後という設定で、ジャックニコルソンの息子が主人公である。40年も経っているのですっかりおっさんだ。あのホテルにいた影響で特殊能力を持ってしまった主人公&生まれながらに特殊能力を持っている少女のコンビと、特殊能力を持った人間のエナジーを餌に生きているカルト集団によるサイキックバトルがメインである。サイキックバトル……シャイニングってそんな話だったか…… 予告編によると前作の舞台のホテルに主人公が戻るらしいのだが、実際に戻るのはかなり後半で、途中自分が何の映画を見ているのか分からなくなってしまった。サイキックバトルも目新しいものがあるかというとそーでもないし…

そしてやっとこさ例のホテルに到着。前作に出てきたオバケたちが出てきて「あーそういえばこんなの出てきたな」とだんだん思い出してきた。ジャックニコルソンのそっくりさんみたいな人がジャックニコルソン役で出ててちょっと笑った。あの有名なシーン(ドアから顔出すやつ)の再現もある。色々あってそのホテルは全焼し悪い奴らは消えて一件落着という感じなのだが、「私たちはシャイニングの続編が本当に見たかったのだろうか…」という思いが脳内を駆け巡りモヤモヤして終わってしまった。

ホテルの再現度はかなり高いようで、前作のオマージュも沢山あって前作ファンは楽しめているっぽい(Yahoo映画レビュー情報)。スティーブンキングが公式に書いた続編だし、それの映画化としてはクオリティが高いようだ。しかし原作読んでなく、前作にそこまで強い思い入れが無い私にとってはうーん…という感じである。見る場合は前作をしっかり予習してから見ることをお勧めします。

2020年も沢山映画見れますように。

以上