コゾロフメモ

小学生並の感想

「フォード VS フェラーリ」の感想

f:id:kozorof:20200217210429j:image

映画を見たのは1月だけど書くのが遅くなってしまった。
2020年に入って3本映画見たけど
・すみっこぐらし→寝る
・パラサイト→素晴らしい
・フォードVSフェラーリ→素晴らしい
と当たり率が高い。すみっこぐらしも寝さえしなければ素晴らしい内容だったはずだ。

さてこの映画はIMAXで見たかったのだが私が映画館に行けるタイミングになったところで「キャッツ」が公開となり、フォードVSフェラーリIMAX上映が終了してしまった。キャッツ……

それは仕方ないとして今回は1966年の24時間耐久カーレース「ル・マン」をクライマックスに置き、自動車メーカーのフォードとフェラーリの対決を描く作品である。主演はマッド・デイモンとクリスチャン・ベイルル・マンブイブイ言わせていたフェラーリを倒すべくフォードがカーレースに参入するという実話を基にした話だ。私は普段車には全く興味が無く、F1などのカーレースも全く見たことが無かったのだがこの映画のレースシーンはかなり手に汗握って楽しめた。どんなスポーツでもストーリーはほんとに大事。

カーレースに挑む開発チームと車を売りたい経営チームの確執を交えながら話は進む。勝てる車を作るべく必死に試行錯誤している開発チームに対し勝手なことばかり言ってくる経営側。特に終盤の指示にはとてつもなくムカついて「ハァァ?」と思わず声が出てしまった。とはいえ多くの従業員の生活を抱えている方の立場も分からないでもないので複雑な気持ちである。それにしたってさぁ…!!実際の話は全く知らんまま見たのでスカッとする映画なのかと思ってたら、色々考えさせられて最後は涙が止まらなかった。

ドライバー役のクリスチャン・ベイルの演技が本当に素晴らしく、レースに挑んでいる父親の姿が大好きな息子と妻の姿もとても良かった。クライマックスであの判断をした父親とそれを見る息子…どんな気持ちだったのか。レース終わって車から降りてきたときのあの表情が今でも頭から離れない。
公開から時間経ってるからやってるとこ少ないかもですがまだ見れる方は是非!

以上

「パラサイト 半地下の家族」の感想

f:id:kozorof:20200116191203j:image
今年2本目は韓国映画。「殺人の追憶」や「グエムル」などで有名なポン・ジュノ監督の新作である。

殺人の追憶→見たはずだが内容覚えてない
グエムル→なんか楽しかった記憶

という相変わらずの記憶力でお送りしております!!!!!

半地下の家で暮らす貧困家族の長男が家庭教師として大金持ちの家に出入りすることになったことがきっかけで、他の家族もどんどんその家に出入りするようになり金持ちの家にパラサイトしていく…というストーリー。

前半は貧困家族メンバーが対人スキルや画像制作など持ち前の能力を駆使して金持ち一家に入り込んでいく様子が描かれる。笑えるシーンも多くコメディ色も強い。ノリとしてはオーシャンズ的な?!プロの詐欺師たちの仕事ぶりを見て楽しむみたいな…。こいつら最初は内職してギリギリ生活してるくらいのダメ感を出していたのに、めっちゃ仕事できるじゃん…この能力あったら普通に金稼げるだろ!!というツッコミもあるがコメディだしね。

無事金持ちの家に入り込んだぜー酒うめえガハハーからどう後半盛り上げていくのだろうか…?と思っていたらこちらの想像の斜め上をいくような事件が発生する。展開に驚くとともに「格差」「貧困層に対して金持ちが無意識に行なっている差別」など色々考えさせられた。同じような問題は韓国のみならず世界中で起こってるだろう。

お金持ちにとってはホラーな話かもしれない。人と自分を比べてしまうことがある人は共感できる部分があると思う。この映画を見る人の置かれている立場により感じ方が大きく変わりそうな映画だ。とっても面白かったので多くの人に見てほしいですー(小並感)

以上

「すみっコぐらし」の感想(2020年1本目)

f:id:kozorof:20200103232315j:image

さっき2019年の総括をしたばかりだけどもう今年の映画の感想です。連投ごめんねキャピー☆

今年1本目の映画は「すみっコぐらし」。キャラクターグッズ展開でお馴染みサンエックス所属キャラクターの映画化である。私はサンエックスだとリラックマ派だしサンリオだとポムポムプリン派なのですみっコぐらしに関しては店でキャラグッズを見て「フーン」というくらいでこの映画には全く注目していなかったしなんなら存在すら知らなかった。

しかし、12月あたりから「すみっコぐらしの映画がやばい」というコメントをネットでちらほら見るようになった。よく分からんが大人が見てもグッとくる、ある意味衝撃的な内容とのこと。これはチェックせねばと年末のドタバタが終わった元日、映画館に向かった。ちなみにすみっコぐらしの設定とかキャラはよく分からない状態で見に行った。

元々子供向けなので映画館は親子連ればかりであった。流れる予告もプリキュアとかクレヨンしんちゃんとかばっかりである。ドラえもんってのび太の恐竜またやるのね。恐竜と少年の心の交流とかまたやばいだろそういうの……予告編しか見てないのに泣いちまった。動物モノは予告だけで涙腺にくるからやめろ!!

そうこうしているうちに映画が始まった。すみっこが好きな動物たち「すみっコ」が主役である。しろくまとか猫とかペンギンなのだが、中には動物でなく「とんかつの端っこ」という謎キャラも存在する。それは生き物なのか……我々のような捻くれた大人はまずそんな世界観を受け入れるところから始める必要がある。

すみっコたちがある日喫茶店の地下室で古い絵本に吸い込まれてしまうところから物語はスタート。どこから来たのか不明な「ひよこ」に出会い、ひよこの仲間を探すために絵本の中の色々な世界を旅していく…

…というところまでは起きていた。

ほんわかした可愛いキャラクターとストーリー、昼に食べたパスタ、その日着用していたパーカーの暖かさ等の条件が重なり私はどんどん眠りの世界へと堕ちていった。

意識がはっきりした頃には旅は終盤。
よく分からんがすみっコたちは絵本の世界から抜け出して元の世界に戻ろうとしているらしい。そして…

クライマックス、ちょっと寂しい別れのシーンになった。それまでの旅での思い出が走馬灯のように…客席からはスン…スン…と観客のすすり泣く声が聞こえてきた。まあ、俺寝てたんでその辺の経緯はよく分からないんですけどもあれれ、目から水が…


私は泣いていた。

途中寝ていたのに泣いていた。

しかし寝ていた身としては大変恥ずかしいので涙を拭くなどの行為はせずただ前を向いて目から水を垂れ流していたのだった。

…映画館出てから落ち着いて考えたんだけど、ノリとしては動物が出てくる映画の予告編で泣くような感じだわ。のび太の新恐竜の予告見て泣いたのと同じやつだわ。かわいいすみっコ動物たちが悲しそうな顔をして、友達と別れるという設定だけでご飯3杯いけたんですわ。

私の涙って軽いのね…

もやもやしたまま帰路についた。今年はなるべく寝ないで映画を見たい。その為に食事管理(映画直前に食べない)、睡眠管理(前日はしっかり寝る)など気をつけて行きたいと心から思った元日であった。

以上

「ドクタースリープ」の感想 & 2019年総括

f:id:kozorof:20200103215121j:image
2019年最後に見た映画。

映画の感想を書き始めて1年経ったので2019年の総括をしようと思う(去年のうちに書きたかったあああああ)。

そもそも何故映画の感想を書き始めたのかというと、毎年そこそこ映画を見ているはずなのに内容をすっかり忘れている…というのが気になったからだ。自分が年間何本見てるのかも気になったのでカウントも入れることにした。

で、2019年頭から映画の感想を書いてブログとインスタに投稿を始めたんだけど、これがめちゃ良かった。最初はただ記録できればいいやと思って適当に書いてたんだけど、だんだん「感想を書くのでしっかり見よう」と思って集中して見るようになったし(寝た回も3回あったが)、「自分も映画好きなんですよ」と声をかけてもらうこともあったし。他の映画評などと比べたら鼻くそオブ鼻くそであるが私の中ではかなり前進である。コミコンにも初めて行ったなあ〜

2019年の結果は33本。映画館で見た数なので、アマプラとかNetflixも入れたら映画自体はもっと見てるんだけど。マーベルマラソンやったのもいい思い出だ。

そして折角なので2019年俺映画ランキングを発表。

1位 アベンジャーズ エンドゲーム
2位 アンスアポンアタイムインハリウッド
3位 スパイダーマン ファーフロムホーム
4位 アクアマン
5位 ボーダー 2つの世界

映画見終わった時の満足度、衝撃度、興奮具合など総合的に考えるとこんな感じ。マーベルマラソンやった影響でアメコミ系が多い。アニメ部門だと間違いなくスパイダーバースだなあ。ちなみにスターウォーズは1と4しか見てないので全くついていけず、またマラソンして映画館で最終章やってる間に見れたらいいなと思っている。

という訳で前置きがくそながになってしまったが「ドクタースリープ」である。

本作は映画史に残る名作ホラー「シャイニング」の続編である(スティーブンキングが書いた続編を映画化したそうな)。シャイニングは原作も読んだし映画も見たんだけど見たのが20年前くらいなので内容もぼんやりであった。冬に閉館してるホテルの番人になったジャックニコルソンがきがくるってウェーイ!\(^o^)/みたいな感じだったはず。

シャイニングの40年後という設定で、ジャックニコルソンの息子が主人公である。40年も経っているのですっかりおっさんだ。あのホテルにいた影響で特殊能力を持ってしまった主人公&生まれながらに特殊能力を持っている少女のコンビと、特殊能力を持った人間のエナジーを餌に生きているカルト集団によるサイキックバトルがメインである。サイキックバトル……シャイニングってそんな話だったか…… 予告編によると前作の舞台のホテルに主人公が戻るらしいのだが、実際に戻るのはかなり後半で、途中自分が何の映画を見ているのか分からなくなってしまった。サイキックバトルも目新しいものがあるかというとそーでもないし…

そしてやっとこさ例のホテルに到着。前作に出てきたオバケたちが出てきて「あーそういえばこんなの出てきたな」とだんだん思い出してきた。ジャックニコルソンのそっくりさんみたいな人がジャックニコルソン役で出ててちょっと笑った。あの有名なシーン(ドアから顔出すやつ)の再現もある。色々あってそのホテルは全焼し悪い奴らは消えて一件落着という感じなのだが、「私たちはシャイニングの続編が本当に見たかったのだろうか…」という思いが脳内を駆け巡りモヤモヤして終わってしまった。

ホテルの再現度はかなり高いようで、前作のオマージュも沢山あって前作ファンは楽しめているっぽい(Yahoo映画レビュー情報)。スティーブンキングが公式に書いた続編だし、それの映画化としてはクオリティが高いようだ。しかし原作読んでなく、前作にそこまで強い思い入れが無い私にとってはうーん…という感じである。見る場合は前作をしっかり予習してから見ることをお勧めします。

2020年も沢山映画見れますように。

以上

「ゾンビランド ダブルタップ」の感想

f:id:kozorof:20200103120731j:image

明けましておめでとうございます。年内にもう2本映画見たのに結局書き終わらなかった。

という訳で12月に見た映画1本目。10年前に公開された作品「ゾンビランド」の続編である(見たことなかったので前作を予習して臨んだ)。10年前の時点ではほぼ無名の監督とキャストで作った映画だったがいまや監督はヴェノムの人で主役はソーシャルネットワークザッカーバーグ役、ヒロインはララランドの主演だったりと10年の間にみんなビッグになっていた。

本作は「既にゾンビが存在している世界」で生きる人々の話でゾンビが発生した経緯などは殆ど語られない。「ゾンビもの」というジャンルであると割り切った設定!主人公が考案した「ゾンビ世界を生き延びる為のルール」をテロップCGと共に交えつつ、他の生存者との出会いと旅の様子をユーモアたっぷりに描いていく…というのが1作目の内容だった。全然怖くないしなんかこいつらの話ずっと見てたいな〜と思う感じ。電気水道とか生活インフラが止まらずに供給され続けてるのは何故なんだ…といった細かいツッコミは無しだぜ。これは「ゾンビコメディ」という新ジャンルなのかもしれん。

2作目である「ダブルタップ」は前作の10年後ということで子供だった妹がすっかり大人になってたりと時間の経過を感じさせた。メンズは見た目あまり変わらないけど女性陣はすっかり大人の顔になったなあ。お馴染みゾンビランドでのルール、主要メンバーその後の関係性の変化に加え新キャラも加わってパワーアップした感じ。クライマックスは2作目の方が盛り上がって良かった。ゾンビなのに見終わった後ほんわかする映画なんてあったかな?!

大作ではないけどゾンビOKな人には是非見てもらいたい一本です。

以上

「ターミネーター ニュー・フェイト」の感想

f:id:kozorof:20191214135550j:image

今年は100本映画館で見るぞ、なんて言ってたが結果30本台で終わりそうだ。今回はターミネーターシリーズの最新作である。実はこれまでの人生でなんかタイミングが合わなくてターミネーターをちゃんと見たことがなかったのだ…「アイルビーバック」「ダダンダダンダン」くらいは知ってたけど。

この作品は「ターミネーター2の正式な続編」と言われている。ターミネーターは3以降も映画が存在するけどスタッフや役者が変わったり色々あったらしい。今回のやつは最初の2作の監督ジェームズキャメロンが復帰して、2の続きとして作ったということである。とりあえず最初の2作だけ見ておけば大丈夫っぽかったのでアマゾンで見た。

ターミネーター1が公開になったのは1984年で私が4歳の時である。まず最初に思ったのは映像古!!でなんだか映画の歴史を見ているような気持ちになった。シュワちゃんはヒーローなのかと思ってたからめっちゃ悪い奴でビビった。ただただシュワちゃんが怖くてあまり楽しめなかった。

対してターミネーター2シュワちゃんは立ち位置が変わって味方になっていた(キャラも違うのだが)。主役の少年とのバディ的な関係も王道って感じで心温まった。最初の作品の7年後の公開ということもあり映像も進化していて2の方が圧倒的に満足度が高かった。

さてそれを踏まえて今回の「ニューフェイト」。ターミネーター2から25年後の現代という設定である。なんと前回の主人公ジョン・コナーがあの後◯されていたということが発覚し「ええええええええ」となってしまった。最初の2作に出ていた「サラ・コナー」やターミネーターシュワちゃんが同じ役として登場するが、何しろ前作を見た直後にこの映画を見てるので「おおおおじいちゃんとおばあちゃんになってるうううう!!!!!」という浦島太郎感が凄かった。60-70代でこのアクションやるのは本当に半端ないんだけど、サラ・コナーはいいとしてシュワちゃんって機械の身体なんだから歳は取らないんでは…ということがただひたすら気になってしまった。

流石映像やアクションは凄くて、現代でターミネーターをやったらこうなりますよ〜というのが楽しめたが、「全裸で未来からタイムスリップしてくる」「未来で面倒になる存在を過去に消しに来る」というネタは昔と同じことを繰り返しているだけで映像は新しいのに古くさい印象を受けてしまった。そこもアップデートできてたら面白かったのになあ。

でもターミネーターのファンからするときっと、そのお約束を見るのが楽しかったり、前作のキャストがそのまま出てくるということに感動を覚えたりするのだろうな。

あと私的に一番良かったのが新しく加わった改造人間の女性がやたらとカッコよかったこと。私にはそんな属性は無かったのだが映画見てて「ああ、この人に守られたい…///」などと思ってしまった。


以上

「ボーダー 二つの世界」の感想

f:id:kozorof:20191119010550j:image

ちょっと前に見たんだけど今書く。全然見る予定の無かった作品だが機会があり見てきた。タイトルとポスターくらいの情報しか得ておらず「犯罪を嗅ぎ分けることのできる主人公がうんたらかんたら…」という説明書きをチラ見して「あ〜ミステリーものなのかな〜?」と気楽に考えていたら想像の斜め上を行く凄まじい内容で空いた口が塞がらないといった感じである。事前情報なさすぎたのもあるが今年見た中では一番衝撃がでかかったかも。

自分の醜い容姿に悩みつつ、犯罪を嗅ぎ分ける特殊能力を活かし税関で働く主人公がある事件の捜査に協力することになり…というお話。おとぎ話的なモチーフと犯罪捜査という組み合わせはちょっと面白かった。印象としては「シェイプ・オブ・ウォーター(半魚人と人間の愛がテーマの映画)」に近いものを感じた(シェイプオブ…のデルトロ監督も賛辞コメントを寄せていた)。人ならざるものが人間社会で生きていくつらさ、同種族への思い、人への憎しみなど…ファンタジーであるがめちゃくちゃリアル。ここ普通はモザイク入るとこじゃね?!という部分も何のオブラートも無く全力で表現してくるので受け止めるのが大変だった。

人間社会で生きる我々に取っては醜いと感じるものでも別の側から見ると美しい…とか、主人公とパートナーのあるものが逆転している…とか…「ボーダー」というタイトルが大変しっくりくる内容であった。

ところでメインキャスト2人の顔は特殊メイクで自分のパーツをそのまま使っているのは目と口だけらしい。特殊メイクも毎回数時間かかって、役作りの為にめちゃくちゃ増量したそうな。それであの体当たり演技…役者という仕事は本当に壮絶で尊いなと思いました。

以上