コゾロフメモ

小学生並の感想

「スパイダーバース」の感想

f:id:kozorof:20190419000224j:image

スパイダーマンの映画を全く見たことがなかった私であった。お前ほんとに映画好きなの?と言われそうだが仕方ないだろ…アメコミあんま興味ないなーと思ってほったらかしてたらいつのまにか作品増えててどれから見ていいのかも分かんなくなっちまったんだよォ…そうさ俺はMARVEL難民!

という訳でシリーズ初のアニメ作品であるこの「スパイダーバース」は最初スルーするつもりであった。しかしやたらと評判がいいらしい…。ラジオでも「アニメーション表現の最先端。絶対に見ておくべき」と言っててそこまで言われたら流石にスルーできなくなり仕方なく?映画館に向かった。

ある日急にスパイダーマンになってしまった少年の話である。これまでスパイダーマンとして活躍してた人が亡くなってしまい、少年がニュースパイダーマンとして成長していく物語だ。

全編CGのアニメはこれまでも色々見たけど、その中でも群を抜いて素晴らしい映像だった。全てのカットがデザインされていてオシャレでカッコいい!コミックがそのまま動き出したような演出や質感。こんな複雑なのどうやって作るの?!アクションシーンはそのままUSJのアトラクションになりそう。IMAX3Dで見ることを人に勧められたけど時間的に普通のスクリーンでの鑑賞になってしまったのが悔やまれる。

いろんな世界のスパイダーマンが出てくるんだけど、いかにも日本のアニメ意識してそうなキャラとか、手塚治虫みたいなキャラとかもいてバラエティに富んでて面白かった。

話は過去のスパイダーマン見てなくても一応分かりはするんだけどこれまでの作品を知ってると感動するポイントが色々あるんだろうなぁ…と思うと悔しかった。危険を察知する「スパイダーセンス」って第六感みたいなのが発動するシーンが度々あるんだけど、そういう知識もないから頭からウネウネ出てるの見て最初「なんか臭ってるの?」って思っちゃったわ…そういった小ネタを全部分かる状態でまた見たいので前のスパイダーマンも見ようと思いました。

以上