コゾロフメモ

小学生並の感想

「リチャード・ジュエル」の感想

f:id:kozorof:20200224171934j:image

またしても実話を基にした映画である。
1996年のアトランタオリンピックのイベント会場で爆発物を発見し、多くの人命を救った警備員リチャード・ジュエルが主人公。当初は英雄として扱われテレビに出演するなどしていたが、その後容疑者としてFBIに目をつけられてしまう。メディアからリンチに合い、家族の生活が一変…さてどうするか?!

「無実の罪に問われた被害者の戦いのストーリー」なのだが、この映画の他と大きく違うところは「主人公のクセが強すぎてめんどくさい」という部分だと思う。自己顕示欲、そして警察権力への憧れが異様に強く、以前働いていた職場ではいちいち余計なことして問題児扱い。今回の事件現場でも疑われても仕方ないような振る舞いをいちいちやり、容疑者となってからも言わんでいい事をペラペラ喋り自分の立場を悪くする…その場にいてハリセン持ってたら100人が100人「お前ええええええ!」とぶっ叩いてしまうのではないだろうか?!

そんな感じなのでリチャードがFBIから容疑をかけられ追い込まれた時、私はこんなことを思ってしまった。

「もうこいつが犯人でいいんじゃないか?」

こ、これは…まさにメディアの情報を鵜呑みにして容疑者を叩く大衆の心理ッ!!自然とそう思ってしまった自分がおそろしい。メディアのひどい振る舞いによって生活が脅かされていくリチャードや母親の様子を見て、そんな風に思ってしまった自分が悲しくなった。

そんな中登場するのがこの映画の良心・ワトソン弁護士だ。「罪のない人が裁かれるべきではない」とリチャードを信じ奔走する姿…なんて人間ができた人なんだ。もし自分の知り合いでクセ強すぎて苦手な人から助けを求められたら自分は同じことができるだろうか…
そしてもう1人リチャードを信じてくれる存在である母親。特に最後の方は素晴らしい演技だった。アカデミー賞ノミネートしてたけど納得。リチャードを中心に家族が静かに権力に立ち向かっていく姿に心打たれた。

モデルになった本人は44歳で他界したとのこと。早い…疑いは晴れたけど物凄いストレスだったんだろうな。これは下手したら誰にでも起こる問題だし他人事ではない事件だ。どんな人でも幸せに穏やかに暮らす権利が脅かされることがあっては絶対にならないと思いました。

以上